オーガニックハウス山口中央

NEWS

Frank Lloyd Wright グッゲンハイム美術館 1959年

2019.09.20

フランク・ロイド・ライト
ソロモン・R・グッゲンハイム美術館(Solomon R. Guggenheim Museum、通称:グッゲンハイム、グッゲンハイム美術館)
1959年
2019年、世界文化遺産に登録決定した米建築家フランク・ロイド・ライト氏が手掛けた8作品のうちの1つで、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタン区アッパー・イースト・サイドにある、近現代美術専門の美術館、ソロモン・R・グッゲンハイム財団が運営するグッゲンハイム美術館の一つです。
1943年にライトに建築設計が委託され、翌年にはライトは設計案を作成、しかし創立者のグッゲンハイムは1949年になってようやくライトの設計案を承認、さらにそれから建物の竣工までには10年間かかったとの事です。構想から完成までにおよそ15年かかっています。
完工したのが1959年ですから、ライトの死後半年後です。ライトはその完成した姿を見ずに亡くなりました。
「かたつむりの殻」とよく表現されるらせん状の構造をもつこの建築物は、中央部が巨大な吹き抜けになっています。美術館見学者は、まずエレベーターで最上階まで上がり、らせん状のスロープを降りながら壁面に掛けられた作品をくまなく鑑賞しながら自然に階下へ降りるようにデザインされています。美術館施設の概念を根本から覆した作品として、ライトの代表作に数えられている一方で、建築自体の自己主張が大きすぎる、床が傾斜しているため鑑賞者が落ち着かない、美術品の鑑賞をさまたげる、、、という批判があるのもまた事実です。
この建物はいくつもの映画に登場していますが、映画『メン・イン・ブラック』の序盤で、まだ警官のエドワーズ(ウィル・スミス)がエイリアンを追い駆ける建物もここ。エイリアンは壁を昇りますが、ウィル・スミスは中の渦巻きを走って上に昇っていきます。

「世代を超えて住み継がれる家」、オーガニックハウス。
設計相談、無料で承ります。
オーガニックハウス山口中央/波多野建設(株)
オーガニックハウス山口中央のホームページはこちらから⇒ URL:https://organic-ymg.com/

NEWS一覧へ

お問い合わせ・カタログ請求

ページトップに戻る